PAGE TOP

ゴムの先端研究<第1回>

東京工業大学物質理工学院応用化学系教授・博士(工学)中嶋健氏

会員限定 その他 2019-06-24

中嶋健教授

ゴム、フィラー、界面の粘弾性挙動を解析

 日本の大学など研究機関では、ゴムに関する多くの先端研究が進められている。そこで「ゴムの先端研究」と題し、日本でゴムに関する先端研究を行っている研究者とその内容を紹介する。第1回は東京工業大学物質理工学院応用化学系教授で博士(工学)の中嶋健氏。中嶋教授が行っている原子間力顕微鏡(AFM)を用いたゴム材料の解析について聞いた。

 ■ナノ触診AFM
 当研究室では、AFMを用いてゴム材料を対象に研究を行っている。AFMは板バネの先端に

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界