PAGE TOP

20年3月期第2四半期業績

櫻護謨、消防・防災事業が大幅増収

工業用品 2019-11-07

 櫻護謨が11月7日に発表した20年3月期第2四半期(4-9月)業績は、売上高が52億4,900万円で前年同期比35.8%増、営業利益が3億1,700万円で同86.9%増、経常利益が2億9,800万円で同93.5%増、純利益が1億8,900万円で同121.2%増だった。

 消防・防災事業は売上高が30億2,100万円で同121.7%増、営業利益が2億9,700万円(前年同期は6,900万円の損失)。消費税増税前の前倒し需要もあった消防ホースの販売増と大型化する自然災害への対応、東京オリンピック・パラリンピックに向けた資機材などが大幅に増加した。

 航空・宇宙、工業用品事業は売上高が19億8,400万円で同12.3%減、営業利益が1億8,400万円で同50.9%減。航空・宇宙部門は、第1四半期に続き納期となる案件が少なかったことで減収、工業用品部門は子会社が取り扱う油圧ホースの販売が減少した。

 不動産賃貸事業は売上高が2億4,300万円で同1.3%増、営業利益が3,700万円で同28.6%減だった。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界