PAGE TOP

2021年3月期第2四半期業績

相模ゴム工業、コロナ禍で減収減益

工業用品 2020-11-17

 相模ゴム工業が11月13日に発表した2021年3月期第2四半期(4~9月)業績は、売上高が27億3,200万円で前年同期比17.3%減、営業利益が4億7,500万円で同28.3%減、経常利益が1億8,900万円で同67.8%減、純利益が3,100万円で同91.7%減。新型コロナウイルス感染症拡大に伴う経済活動停滞の影響を受けた。

 セグメント別にみると、ヘルスケア事業は売上高が20億4,900万円で同17.4%減、営業利益が6億6,400万円で同23.3%減。第1四半期の売上高(前年同期比23.2%減)に比べ改善したが、マレーシア工場の生産効率の停滞等がマイナス要因となった。

 プラスチック製品事業は売上高が5億7,800万円で同15.0%減、営業利益が2,900万円で同7.7%増。食料品向け包装フィルムが好調を維持するも、衣料カバー向けの回復の兆しが見えず、原油価格が小幅な動きで推移した結果、減収増益となった。

 入浴・介護サービスおよびその他事業を含むその他は売上高が1億300万円で同25.4%減、営業損失が4,500万円(同5,200万円の損失)となった。

 なお、2021年3月期業績は合理的な算定がいまだ困難なことから未定としている。同社主力工場のあるマレーシアでは、11月8日に政府から新型コロナウイルス対策として条件付き活動制限が施行され、現地での生産体制の確保は不透明な状況になっている。

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた