PAGE TOP

日本ミシュランタイヤ

「ミシュランガイド宮城 特別版」を今夏発行

タイヤ 2017-02-01


 日本ミシュランタイヤは1月30日、「ミシュランガイド宮城2017特別版」を今夏に発行すると発表した。

 今回の対象エリアとなる宮城県は、東は太平洋、西は奥羽山脈に接して豊かな自然に恵まれ、海・山・大地の育む多彩で豊富な食材の宝庫として知られ、観光地としても人気の高いエリア。同社では国内でのミシュランガイド発行開始から10年目を迎え、特別版15エリア目の掲載地として、宮城県を対象とした新しいガイドブックの出版を決定したもの。

宮城県知事を表敬訪問したポール・ペリニオ社長


 日本ミシュランタイヤ代表取締役社長のポール・ペリニオ氏は、「宮城県を対象とする新しいミシュランガイドを発行できることを非常に嬉しく思う。宮城県は東北の経済の中心である仙台を擁し、多数の見どころと豊かな食により、国内外の観光客を魅了し続けるエリア。このガイドブックを通じ、モビリティの向上をサポートすると共に、宮城県の魅力を発信するお手伝いができれば嬉しく思う」とコメントした。

 100年以上の歴史を誇るミシュランガイドは、厳選した飲食店・レストランおよび宿泊施設を紹介するガイドブックとして世界中の人々に親しまれている。日本国内では、07年に初の東京版となる「ミシュランガイド東京2008」を発行。つづいて09年には「ミシュランガイド京都・大阪2010」を発行し、これら2冊を毎年更新している。また特別版を次々と発表し、現在では国内全体で14エリアをカバーするに至っている。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界