PAGE TOP

改訂6版、新たに157カ所を新規掲載

ミシュラン、「グリーンガイド・ジャポン」を販売開始

タイヤ 2020-02-17

 仏・ミシュランは、日本を訪れる外国人観光客向けの旅行ガイド「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」改定第6版を、2月17日(現地時間)から順次出荷している。

 同書はフランス語で発行し、主にフランスをはじめとする仏語圏で販売される予定。観光地、景勝地や史跡など、旅行者がその土地をより深く理解し、満喫できる情報を掲載し、そのおすすめ度を星の数で紹介するもの。約2年半ぶりの販売となる本書では、すでにウェブ(https://travelguide.michelin.com)で発表されている三つ星のほか、ミシュラン社員による新たな追加調査情報および、近年調査・公開した奄美群島、水俣、大分、山陰、日光国立公園、富山などのミシュラン・グリーンガイドの各英語版ウェブサイトの掲載地も反映しており、奄美群島(★★)、富士山本宮浅間大社(★★)など30カ所の二つ星と、三陸海岸(★)など80箇所の一つ星など、日本各地の新たな見どころ157カ所が追加されている。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界