PAGE TOP

5月8-9日の2日間で40人が参加

東部ゴム商組、新入社員向けマナー研修会を開催

その他 2019-05-15

研修会の様子


 東部ゴム商組共済会が主催する「新入社員・若手社員のためのビジネスマナー研修会」が5月8-9日の2日間、第一生命都心マーケット営業室(東京・中央区)で開催された。9回目を迎えた今回は、2日間で40人が受講した。

電話応対の練習をする参加者


 同研修会はゴム業界の新入社員・若手社員を対象に年1回、春に開催。毎回、第一生命保険のマナーインストラクターが講師を務めている。今回は、社会人としてのマナーの基本、電話応対のマナー、電子メールのマナー、来客の応対―などについて講義が行われた。

 参加した新入社員は、みな熱心に聴講。社会人としてのマナーの基本では、普通語を尊敬語や謙譲語に言い換える問題など、言葉づかいの練習問題が用意され、参加者が取り組む様子が見られた。

 また、電話応対のマナーでは、「姿勢を正しく、必ずメモを用意する」「見えない相手に見せる気配りが大切」「いつでも、誰にでも、丁寧に」などのポイントを説明。さらに、参加者が二人一組となり、かけ手と受け手に分かれて電話応対のロールプレイングを行った。参加者たちは実際にスマホとメモを用意し、よりリアルな練習を体験。何度も練習した結果、参加者たちの中にはテキストを一度も見ずに電話応対を行えるようになった人の姿もあった。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界