PAGE TOP

変化する世界のゴム事情を見据え役割を果す

日本ゴム協会、創立90周年記念式典開催

その他 2018-06-05

 ■日本ゴム協会高田会長の式辞

高田日本ゴム協会会長


 日本ゴム協会は昭和3年4月28日に関東に設立された東京護謨懇話会と昭和2年12月8日に関西で発足した日本護謨協会が昭和7年1月に合同して現在の日本ゴム協会が生まれ、90年が経過した。

 その歴史をたどると、待ち受けた幾多の困難を乗り越え本協会が“卒寿”を迎えることができたのは、先輩各位のご尽力と関係団体および業界のご支援があってのことであると感謝申し上げる。

 世界のゴム事情も大きく変わりつつある今、世界を見据えた果たすべき日本ゴム協会の役割とその重要性はますます高まっていると言える。

 昨今変化の著しい経済情勢に加えて、環境問題、エネルギー問題は人類の根幹に関わる重要な課題であり、ゴム・エラストマーに関係する研究者と技術者にとっても、世界を俯瞰しながら、あるいは世界をリードすべく取り組むべき課題である。

 過去を振り返りつつ、思いを新たに新分野の研究、新技術の開発に関する情報発信、人材育成、国際交流に邁進していく。

 ■日本ゴム工業会池田会長の祝辞

池田日本ゴム工業会会長


 我が国ゴム産業の歴史をひもとくと、1886年に加硫法によるゴム工場が設立されたのが始まりといわれている。以来132年ほどが経過しているが、黎明期からゴムの特性やその将来性に着目した多くの事業家や技術者の意欲や努力があって、今日の隆盛を迎えた。日本ゴム協会は今から90年前に、ゴムに関連する学術および産業の進歩発展を図り、文化の向上に寄与することを目的に設立され、産業界に貢献されてきた。今後の発展を祈念する。

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界