PAGE TOP

旭化成グループで初

日本エラストマー、大分工場がEcoVadis社のサステナビリティ調査でプラチナ評価

原材料 2024-01-31

 旭化成とレゾナックの合弁会社である日本エラストマーの大分工場(大分県大分市)が、2023年12月にEcoVadis社のサステナビリティ調査において、最高位となる「プラチナ」評価を獲得した。

 プラチナ評価は、評価対象企業のうち上位1%に入る企業に与えられるもので、旭化成グループ内の組織において同評価の獲得は初となる。

 同調査は「環境」「労働と人権」「倫理」「持続可能な資材調達」の4分野において、企業のサステナビリティへの取り組みを評価するもの。今回はその中でも「環境」と「労働と人権」に関して特に高い評価を受けた。

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた