PAGE TOP

【特集」合成ゴム

住友化学、「安定供給第一」に全力

会員限定 原材料 2021-06-28

 住友化学の2021年3月期におけるエチレンプロピレンゴム(EPDM)は、上期(4~9月)は新型コロナウイルスの影響で需要が大きく落ち込んだが、下期(10~3月)は中国をはじめ、米国、日本での自動車生産回復に伴い、平年並みの需要に回復した。ただ、通期でみると、上期の大幅な落ち込み分をカバーすることができず、減収減益となった。また、タイヤ用途がメインとなる乳化重合スチレンブタジエンゴム(ESBR)も、EPDMより足取りは遅かったが下期に需要は急回復した。

 今期(2022年3月期)足元のEPDMの状況は、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

関連記事

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた