PAGE TOP

【特集】合成ゴム

住友化学、新プラントは年末に生産を開始

原材料 2017-12-07

 住友化学の上期(4-9月)エチレンプロピレンゴム(EPDM)事業はフル生産、フル販売で推移した。主需要先である日系メーカーの自動車生産が好調で、「生産して供給するのに精一杯なほど。輸出のスポット需要に対応するのは難しかった」(久山徹也機能樹脂事業部合成ゴム部長)という。

 下期についても、自動車を中心に高水準な状況が継続する見通しで、「需要は引き続き良く、玉が足りない状況に変わりはないと考えている」(同)。

 下期には、サウジアラビアのサウジアラムコ社と進めている「ラービグ計画」の中でのEPDM新プラント(年産7万トン)が稼働を開始する見通し。「予定通り年末に生産を開始し、試作、評価の後、来年の前半から商業販売を開始する」(同)としている。住化アジアが主体となって欧州、アジアを中心に販売していく。「海外では他社の新プラントも稼働を開始するが、当社は他社にない特徴を生かして販売していく。他社の新プラントが立ち上がる影響は小さいとみている。ラービグの新プラントが稼働すれば、千葉工場がより特殊化できる。現在、千葉工場から輸出で対応しているもののうち、サウジ品に移行できるものについて、いかにスムーズに移行していくかが、ラービグの新プラントの課題になる」(同)。

 千葉工場では耐油、耐熱、耐寒、高反発などの差別化グレードを有している。今後は、バナジウム触媒の特徴を生かし、これらキーワードを中心に開発するとともに、特徴あるグレードの拡販を進めていく方針。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界