PAGE TOP

2021年3月期

不二ラテックス、国内増収も輸出は大幅減少

工業用品 2021-05-17

 不二ラテックスの2021年3月期業績は、売上高が68億5,000万円で前期比5.0%減、営業利益が2億6,900万円で同652.9%増、経常利益が2億2,600万円で同569.1%増、純利益が1億7,000万円(前期は2,600万円の損失)となった。

 セグメント別では、医療機器事業は売上高が21億4,500万円で同2.0%減、営業損失が7,300万円(同1億9,500万円の損失)。主力のコンドームは、国内では消費の減少傾向、価格の二極化、新素材製品のシェア上昇が継続。新素材コンドーム「SKYN」の好調やネット販売の伸長で増収となった。一方、輸出は海外市場での景気足踏みに伴う在庫調整により受注が減少し、大幅減収。不採算製品の見直しや生産歩留まりの向上、販売費節減に取り組み改善した。

 メディカル製品は緊急事態宣言下での一般診療の急減に伴う需要急減やロックダウンによる欧州への輸出停止の影響が大きく減収。生産部門・販売部門一体による効率化、費用削減、生産歩留まり向上策で利益は増加した。

 精密機器事業は売上高が42億円で同5.2%減、営業利益が7億3,100万円で同6.5%増。主力の小型ショックアブソーバおよび小型ロータリーダンパーは、より一層の製品バリエーション強化と性能面の進化で若干の減収に留まった。生産設備向けショックアブソーバは横ばい、住宅設備関連分野向けダンパーは米国市場向けが好調で若干の減収。免制振機器は販路強化や地震発生による防災意識の高まりで増収となった。受注増に伴う生産効率の向上、人員の適正配置や工数削減による製造経費削減などで原価率は改善した。

 SP事業は売上高が3億1,000万円で同26.6%減、営業損失が2,900万円(同800万円の損失)。ゴム風船やフィルムバルーンの各種イベントで使用される機会や対面型販売の減少が響いた。食品容器事業は売上高が1億9,400万円で同12.5%増、営業利益が7,600万円で同131.2%増。海外向け案件や主力販売先との取り引きが伸長した。

 2022年3月期通期業績予想は、売上高が76億円、営業利益が4億2,800万円、経常利益が3億8,700万円、純利益が1億4,600万円を計画。数値は、期首から適用している「収益認識に関する会計基準」等で算出したもので、対前期増減率は記載していない。

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた