PAGE TOP

2024年3月期第2四半期業績

不二ラテックス、医療機器事業は減収も損失幅は縮小

決算 2023-11-07

 不二ラテックスの2024年3月期第2四半期(2023年4~9月)業績は、売上高が38億6,600万円で前年同期比7.3%減、営業利益が2億4,700万円で同33.7%減、経常利益が2億3,900万円で同35.2%減、純利益が1億7,300万円で同32.6%減だった。

 セグメント別にみると、医療機器事業は売上高が12億2,200万円で同1.9%減、営業損失が200万円(前年同期は5,400万円の損失)。主力のコンドームは、国内は製品絞り込みにより減収、海外向けは出荷調整により減収となったが、新素材コンドーム「SKYN」をはじめ、ヘルスケア商品群の売り上げがおおむね好調に推移。メディカル製品は増収となった。利益面では不採算製品の見直し、生産歩留まりの向上、販売費節減への継続的な取り組みにより損失幅が縮小した。

 精密機器事業は売上高が21億2,800万円で同18.0%減、営業利益が4億5,800万円で同23.6%減。中国をはじめとする海外経済の減速により、世界的な設備投資停滞傾向や一般産業機械市場の低迷により減収。利益面は売上減少に伴う減益に加えて、労務費の増加や原材料費上昇によって減益となった。

 SP事業は売上高が3億9,600万円で同104.6%増、営業利益が1,300万円で同26.3%増。主力取引先での需要回復や新商品の投入効果もあり、主力品のゴム風船およびフィルムバルーンの売り上げが好調に推移したが、一部商品の仕様等変更に伴う想定外の追加費用発生を吸収できず、全体の利益率を押し下げた。

 食品容器事業は売上高が1億1,800万円で同12.0%減、営業利益が1,600万円で同65.0%減。値上げ前に発生した前倒し注文の反動減や新型コロナ収束後のお土産需要増に一服感が出たことなどにより減収。利益は労務費増加や人員増による原価率の上昇で減益となった。

 2024年3月期通期業績は、売上高81億円で前期比0.2%増、営業利益6億6,700万円で同12.3%減、経常利益5億8,600万円で同19.7%減、純利益3億9,500万円で同23.6%減を見込んでいる。

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた