PAGE TOP

2018年9月から60サイズ

コンチネンタルタイヤ・ジャパン、新スタッドレスタイヤ「VikingContact 7」発売

タイヤ 2018-07-25

「VikingContact 7」


 コンチネンタルタイヤ・ジャパンは7月24日、新スタッドレスタイヤ「VikingContact 7」を2018年9月から発売すると発表した。同製品は、新コンセプトのパターンデザインとコンパウンドテクノロジーの採用により、相反するウィンター性能とウェット性能を高次元で両立したもの。発売サイズは、14-20インチまでの60サイズで、今後も順次サイズ追加を予定している。価格はオープンプライス。

 VikingContactシリーズは、北欧を始めとする海外の自動車雑誌(Teknikens Varld、Auto Build Suomi、Tuulilasiほか)が12年から16年の4年間で実施した評価テスト31回中29回のテストで最高を獲得し、高く評価されたタイヤ。

 今回発売する次世代モデル「VikingContact 7」は、同シリーズの優れたウィンター性能とドライ路面でのハンドリング性能に加え、シリーズ初となる「左右対称パターン」を採用した。冬の走行環境は、雪の路面やウェット路面、ドライ路面など、地域や時間帯によって様々で、近年は環境変化によるウェット性能への要求が高まってきている。その中で「VikingContact 7」は、ウェットおよびシャーベット路面での排水性を大幅に高め、冬の様々な路面状況下で更に安全で快適なドライビングを可能にする。

 同製品は「ノルディック・コンパウンド」によりウェット路面や低温路面におけるグリップ力を向上したほか、「インテリジェント・パターン・デザイン」の採用で、あらゆる路面状況下において信頼の駆動安定性を実現。また、「アドバンスト・グリップ・コンセプト」により、積雪路面や凍結路面での確かなトラクションとブレーキ性能を確保している。

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界