PAGE TOP

新会長に竹中幹人理事(京大)が就任

日本ゴム協会、第8回定時社員総会を開催

その他 2019-06-05

定時社員総会の会場


 日本ゴム協会は5月23日、京都市左京区の京都工芸繊維大学・大学センターホールで第8回定時社員総会を開催、ならびに表彰式も行った。定時社員総会では任期満了による役員改選が行われ、新会長に竹中幹人理事(京都大学)が就任したのをはじめ、副会長に網野直也理事(横浜ゴム)、小藥次郎理事(鬼怒川ゴム工業)、岡本正巳理事(豊田工業大学)、櫻井伸一理事(京都工芸繊維大学)がそれぞれ就任した。岡本副会長は再任、そのほかは新任となる。

 定時社員総会は駒水謙二理事の司会のもと高田十志和会長のあいさつの後、総会では①2018年度収支決算書類承認の件と同年度監査報告②2019・20年度役員選任の件―について審議、可決した。引き続き、報告事項として2018年度事業報告、19年度事業報告と収支予算の件―が行われた。

 また、各支部長として関東支部支部長に斎藤拓理事(東京農工大学)、東海支部支部長に高松成亮理事(住友理工)、関西支部支部長に長谷朝博理事(兵庫県立工業技術センター)、九州支部支部長に西村伸理事(九州大学)が就任した。

 当日は引き続き、第31回日本ゴム協会賞、第66回優秀論文賞、第74回ゴム技術進歩賞、第11回日本ゴム協会科学技術奨励賞、第12回CERI若手奨励賞、第10回ブリヂストンソフトマテリアルフロンティア賞―の各賞の表彰式を行った。

 第31回日本ゴム協会賞では、アシックスが「マテリアルサイエンスの活用によるシューズの高機能化」で原野健一氏ほか4人、また愛知工業大学が「熱可塑性エラストマーナノコンポジットの諸物性と構造に関する研究」で山田英介氏が表彰された。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界