PAGE TOP

タイプ別対応コミュニケーション術

東部ゴム商組、女性のためのセミナー開催

その他 2018-11-22

セミナーの様子


 東部工業用ゴム製品卸商業組合(理事長・山上茂久ヤマカミ社長)は11月14日の16時から17時30分まで、東京・銀座のホテルモントレ銀座で「女性のためのセミナー」を開催した。当日は会員企業の女性社員66人が参加し盛況だった。

 今回の講師は、SORAの角本紗緒理氏。立命館大学を卒業後、大手人材派遣会社勤務を経てSORAを設立。これまで1,600回以上のセミナーを実施し、コミュニケーション力向上、モチベーションアップなど高い評価を受けている。

 セミナーは、冒頭に永田嘉男副理事長があいさつし、その後角本氏が登壇。今回は「30万人が学んだ!また会いたいと思われるお客様のタイプ別対応コミュニケーション術」を演題に、いくつかの実践型ワークを通じて講演した。

SPトランプ

SPトランプ使って

 講演ではSP(サブパーソナリティ)トランプを使用。人間の持つさまざまな面をとりあげて、キャラクター化したものが描かれている52枚のトランプで、自分に当てはまると思うカードを10枚選択し、自身の特性を可視化することができる。また同様のやり方で、他人のタイプを知ることも可能。

 カードを使う目的として角本氏は、「まずは自分がどんな人間か理解することが大事。そして、自分の弱いところとどう向き合っていくか、どう上手に付き合っていくかがわかると、自分のことをいかようにも育てることができる」と話した。

 参加者はカードを使い、自分自身、また苦手だと感じる人を分析。その後、カードからわかる4つのタイプ別傾向の解説がなされ、さらに、それぞれのタイプにあったコミュニケーションのとり方についても解説された。参加者の中からは多くの共感の声が挙がった。

講師の角本紗緒理氏


 最後に角本氏は、「相手を変えることはできないが、関係を改善することはできる。相手に合わせた対応を理解して、縁を活かしてほしい。そして、自分のキャラクターを育てることを楽しんでほしい」と伝えた。

 講演後には参加者による懇親会も開催された。会場では、「カードの結果が自分に当てはまっていて驚いた」という声が多数聞かれ、セミナーの話題でも会場は大いに盛り上がっていた。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界