PAGE TOP

副会長は石野氏、十川氏

大阪ゴム工業会、新会長に新田元庸氏

その他 2018-05-28

大阪ゴム工業会の正副会長。新田会長(中)、石野副会長(左)、十川副会長(右)


 大阪ゴム工業会は5月18日、大阪・梅田のザ・リッツ・カールトン大阪で第65回通常総会を開催した。当日は会員52社のうち委任状含めて50社が出席した。

 総会では山内一郎会長(ヤマウチ社長)が議長を務め平成29年度事業報告及び収支決算、30年度事業計画及び収支予算案を審議、事務局原案通り決定した。

 また任期満了に伴う役員改選が行われ、新役員として会長に新田元庸ニッタ社長、副会長に石野政治東洋ゴム工業常務執行役員、十川利男十川ゴム社長を選任した。山内会長、加貫順三副会長(加貫ローラ製作所会長)は相談役に就任した。

 また18年に亘り事務局長を務め今回退職する池谷彰氏に対し新田会長から感謝状と記念品が贈られた。新事務局長には福田浩司氏が就任した。

新田会長の就任あいさつ

 本会は64年の歴史があり、私は9代目の会長となる。山内会長は青経会の原点回帰を目指すべく本会との関係を明確にし、また本会の財務体質強化等に尽力するなど多大な功績を残された。私も、これを後退させることなく前に進めていきたい。本会設立の目的は、会員相互の親睦を深めること、ゴム業界の発展に寄与することの2点。会員諸先輩のお蔭で親睦については素晴らしい風土がある。本会の発展については事業計画を実施し、また皆さんのご意見を聞きながらしっかりやっていきたい。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界