PAGE TOP

2022年11月期第2四半期業績

川口化学工業、ゴム薬品部門は6.2%減収

原材料 2022-07-07

 川口化学工業の2022年11月第2四半期(2021年12月~2022年5月)業績は、売上高が39億4,600万円で前年同期比1.6%増、営業利益が2億2,600万円で同16.2%減、経常利益が2億3,500万円で同13.8%減、純利益が1億7,900万円で同8.3%減だった。なお、同社では「収益認識に関する会計基準」等を期首から適用しており、売上高は適用した数値。

 セグメント別のうち、化学工業薬品事業は売上高が39億2,700万円で同1.6%増、営業利益が2億1,100万円で同17.1%減。

 ゴム薬品部門は、国内の工業用品向け製品は、自動車関連産業の世界的な半導体不足、新型コロナウイルス再拡大による減産の影響を強く受け、自動車部品関連向け製品は減収。一方、老化防止剤は需要の変化に迅速に対応し増収。また、医療用ゴム用途製品は、需要の変化に対応したことで増収となった。その結果、販売を伸ばした品目も多くあったものの、国内全体では減収となった。

 タイヤ向け製品は、堅調な輸出向けタイヤ生産により顧客の稼働が堅調に推移し増収。合成ゴム向け製品は、同社製品の販売は前年同期を上回ったものの、世界的なサプライチェーン混乱の影響により一部製品の販売が減少し減収となった。

 海外向けは、自動車産業の減産影響を強く受け、同社製品の販売が減少、医療用ゴム用途製品の需要も減速し減収となった。この結果、国内・輸出を合わせたゴム薬品部門合計の売上高は22億1,400万円で同6.2%減となった。

 樹脂薬品部門は、国内向けは、主要顧客であるアクリル酸・アクリル酸エステルの生産に柔軟に対応した結果、重合防止剤の販売が増加。海外向けは、新規顧客を中心に重合防止剤の販売が伸長した。また、電子材料関連への販売も増加し増収となった。この結果、樹脂薬品部門合計の売上高は5億2,400万円で同38.8%増となった。

 中間体部門は、界面活性剤中間体は主要製品の需要が低調に推移したことにより減収。農薬中間体は主要製品の販売が好調に推移したことで大幅な増収。医薬中間体は医療用途脱水縮合剤が減収となった。この結果、中間体部門合計の売上高は5億4,100万円で同6.7%減となった。

 その他は、環境用薬剤、電子材料用途脱水縮合剤、レンズ用途向け特殊添加剤が増収。新規用途向けは、合成技術を基盤とする製品の販売に注力し増収となった。この結果、売上高は6億4,600万円で同18.7%増となった。
 

通期業績予想を上方修正

 同社は、2022年11月期通期業績予想の上方修正を発表した。それによると、環境変化に柔軟に対応した全社規模でのコストダウンに加え、コスト上昇に応じた販売価格の見直しにより、一部製品価格に転嫁することができたことなどにより、前回予想を上回る見込みとしている。

 ■2022年11月期通期業績予想
 ◇売上高=84億5,000万円(前回予想82億5,000万円、増減率2.4%増)◇営業利益=3億6,000万円(同3億円、同20.0%増)◇経常利益=3億7,000万円(同3億円、同23.3%増)◇純利益=2億7,000万円(同2億円、同35.0%増)

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた