PAGE TOP

【特集】合成ゴム

大阪ソーダ、ECO、ACMとも上期は概ね計画通り

会員限定 原材料 2021-12-21

 大阪ソーダの上期(4~9月)のエピクロルヒドリンゴム(ECO)およびアクリルゴム(ACM)は、概ね計画通りで着地した。昨年度下期から急回復した需要が継続したことで4~6月までは好調に推移。一方、7月以降は半導体不足や東南アジアでの新型コロナウイルス感染拡大を受けた自動車減産の影響が徐々に出た。「4~6月にはECOはコロナ前の2019年レベルまで回復、ACMも順調に採用を拡大したが、ECO、ACMともに好調だった4~6月に比べ、7月以降は若干落ち込みがあった。

 新型コロナ以降は供給不安等により、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた