PAGE TOP

特殊架橋タイプZetpol、需要増に対応

日本ゼオン、川崎工場の乾燥能力増強

原材料 2018-04-26

Zetpol製造プラント(川崎工場)


 日本ゼオンは4月26日、特殊架橋タイプ水素化ニトリルゴム(特殊架橋タイプZetpol)を生産する川崎工場の乾燥能力を増強すると発表した。乾燥能力増強により、特殊架橋タイプZetpolのドライ、ラテックスそれぞれをよりフレキシブルに生産できる体制を整える。19年9月の完工予定で、投資額は非公表。

 特殊架橋タイプZetpolは、耐油性、耐熱性などが特徴の水素化ニトリルゴム(Zetpol)の耐熱性を10度以上向上させたグレード。高温領域で使用されるフッ素ゴムからの代替需要を中心に採用が進んでいる。ドライ、ラテックスともに需要が拡大しており、乾燥能力増強で生産をよりフレキシブルにするとともに、生産効率向上を図る。

 ドライは高いガスケット耐熱性が評価され、ガスケット、オイルシール、燃料系ホースなどに使われ、ラテックスはダウンサイジングターボエンジンに搭載される油中タイミングベルトの芯線処理剤として主に使用されている。

 同社はZetpolを高岡工場(富山県)、川崎工場(神奈川県)、テキサス工場(米国)で生産している。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界