PAGE TOP

「Oramo―bf」

住友理工、初の医療保険適用製品である口腔機能モニターの拡販を開始

工業用品 2023-12-13

 住友理工は、歯科医療機器・材料・コンピューターなどの開発、販売及び輸入を担うヨシダを通じて、口腔機能モニター「Oramo―bf(オラモ)」の拡販を開始した。

 同製品は、咬合力(咬む力)を測定する製品で、住友理工で初めての歯科用医療機器。大学研究機関や歯科医院で使用されており、口腔機能低下症の検査項目である咬合力検査に使用できるうえ、保険算定もできる。

 同製品は、患者の口腔内にセンサーを挿入し、咬むだけで咬合力を簡単に短時間で測定することができる。使いやすさを考慮したコンパクトな設計で、訪問診療にも活用されている。

 同製品の開発には、コアコンピタンスである高分子材料技術と総合評価技術をもとに、東京都健康長寿医療センター の平野浩彦氏(歯科口腔外科部長・研究所研究部長)との共同研究により製品化に至った。2022年7月から販売を開始し、現在までに約600台を販売している。

 現在、日本では、口腔機能の維持等を目的とした後期高齢者歯科健診が2014年から開始され、さらに国民に毎年の歯科健診を義務付ける「国民皆歯科健診」制度の導入が検討されている。超高齢社会が今後進むにつれて、咬合力をはじめとした口腔機能が低下し、噛み応えのある食物繊維の多い食品や肉などを避ける傾向が増え、国民が肥満や運動機能の低下で疾患などになることが懸念されています。

 そのような疾患の要因を防ぐためにも、歯の健康を守ることが健康寿命を延ばすことに繋がると言われています。また、日本歯科医師会によりオーラルフレイルの概念が啓発されており、今後ますます口腔機能と健康に関する研究が進むにつれて、Oramo―bfの需要も高まることが期待される。

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた