PAGE TOP

架橋ゴム・加硫ゴムの代替として期待

リケンテクノス、TPVのセミコマーシャルプラントを稼働開始

原材料 2023-12-13

 リケンテクノスは、研究開発センター内に架橋ゴム・加硫ゴムの代替となる動的架橋型熱可塑性エラストマー(TPV)の生産セミコマーシャルプラント(SCP)を完成させ、稼働を開始した。

 SCPは年間100トンの小規模ラインで、スケールアップ試験、顧客要求に応じたサンプリングと検証、小規模生産に適していることから、フルスケールのプラントのボリュームを必要としないハイエンド製品の開発促進に有効となっている。

 同社では、SCPを用いてTPVコンパウンドの開発・検証を進めており、開発したコンパウンドは自動車用成形部材や建材用途向けに上市していく予定。また、TPVコンパウンドをシート化し、ゴム代替シートとして展開していくことも検討している。

 令和3年度のゴムくずの最終処分率は18.5%で、産業廃棄物の中では最終処分率が燃え殻に次ぎ2番目に高い品目となっている。資源やエネルギーの持続可能性を重視したサーキュラーエコノミーの取り組みを拡大していく観点からも各種機能性ゴムの性能を担保し、リサイクル性に優れるTPVが架橋ゴム・加硫ゴムの代替素材として期待されている。

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた