PAGE TOP

ESG投資の主要指数

住友理工、「MSCI日本株ESGセレクト・リーダーズ指数」の構成銘柄に選定

工業用品 2024-07-04

 住友理工は、年金積立金管理運用(GPIF)が採用する国内株式のESG指数の1つである「MSCI日本株ESGセレクト・リーダーズ指数」の構成銘柄に選定され、MSCI ESG格付けにおいて「AA」評価を取得した。

 MSCI日本株ESGセレクト・リーダーズ指数は、株価指数を算出している米国のMSCI(モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル)社により作成されたESG投資インデックス。MSCI日本株IMI指数を構成する銘柄のうち、各業種内でESG格付けの高い企業が選定された指数で、516社(2024年1月時点)が選定されている。

 また、MSCI ESG格付けは、MSCI社が世界中の企業を対象に、環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)について総合的に評価し、業種別に比較して「AAA」から「CCC」までの7段階で格付けされるもので、ESG投資における世界的な評価指標とされている。

関連記事

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • 海から考えるカーボンニュートラル
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた
  • とある市場の天然ゴム先物