PAGE TOP

「2029年 住友理工グループ経営 Vision」の達成に向け

住友理工、小牧製作所内に化工品新工場を建設へ

工業用品 2023-11-28

 住友理工は、「2029年 住友理工グループ経営 Vision」(2029V)の達成に向け、小牧製作所(愛知県小牧市)の刷新を開始する。その第1期として11月28日、化工品新工場の起工式を実施した。

起工式の様子


記念撮影


 同社では2021年に小牧製作所北部にあった旧社宅および体育館を老朽化のために解体。この跡地に化工品新工場を新築し、小牧製作所内に分散している化工品工場を集約する。投資額は約27億円(建物のみ)、竣工時期は2024年11月、操業開始は同年12月を予定している。従業員数は約30人(2024 年度見込み)で、建築面積は約4,700平方メートル、延床面積が約6,600 平方メートル、総面積は約16万2,100 平方メートル。

 同社の化工品事業では、鉄道車両用防振ゴムや橋梁用ゴム支承などの製品、ビルや住宅を地震から守る制震システム、遮断熱機能を備えた窓用フィルムなどを中心に製造・販売している。今回の新工場は2階建てで、橋梁用ゴム支承や住宅用制振装置の製造・評価も予定している。

 同社は1929年に三重県四日市市で創業し、1960年には愛知県小牧市に現在の主要工場を開設。1964年には本社を四日市市から小牧市へと移転した。この約60年間、時代の変化に適応して事業内容を拡大・変革し、製作所内の工場設備も事業進化に合わせて最適化してきた。

 今回、「2029V」の達成に向けてあらためて小牧製作所全体の見直し・再配置を実施する。また、生産の最適化だけではなく、製作所内の安全性の向上や物流最適化に加え、従業員が働きやすい職場づくりを目指す。

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた