PAGE TOP

Scope1,2における2030年削減目標値は引き上げ

住友ゴム工業、サプライチェーン全体のカーボンニュートラル達成に向けた2030年目標を設定

タイヤ 2023-11-28

 住友ゴム工業は、サプライチェーン全体のカーボンニュートラル達成に向けて、新たにScope3の2030年削減目標を設定した。また、Scope1,2における2030年削減目標については、各拠点の積極的な取り組みにより前倒しで進捗しているため目標値を引き上げた。

 同社グループの温室効果ガス排出量はScope3が約9割を占めており、サプライチェーン全体におけるカーボンニュートラル達成に向けて、Scope3排出量のほぼ全てをカバーした2030年目標を設定した。

 「材料開発・調達」では、サステナブル原材料の活用、サプライヤーエンゲージメントの強化で、2030年25%削減(2021年比)、「物流」ではモーダルシフトの推進などで、2030年10%削減(2021年比)を目指す。

 「販売・使用」「回収・リサイクル」ではタイヤの転がり抵抗低減やロングライフ化、リトレッドタイヤの生産能力拡大などを進める。各プロセスで「はずむ未来チャレンジ2050」および循環型ビジネス構想「TOWANOWA」で掲げる取り組みを推進することで、目標値の達成を目指す。

 Scope1,2排出量の削減については、2021年に2030年50%削減(2017年比)目標を設定した。各拠点の積極的な取り組みにより、目標に対して前倒しで削減に取り組むことができており、目標値を2030年55%削減(2017年比)に引き上げる。

 削減には中国やタイのタイヤ工場における電力の再生可能エネルギー化が大きく貢献した。取り組みを継続し2050年カーボンニュートラル達成を目指す。

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた