PAGE TOP

18年2月までにCO2年間排出量約2,000トン低減

豊田合成、森町工場に液化天然ガス設備導入

工業用品 2017-02-22

LNGタンク外観


 豊田合成は2月21日、ウェザストリップなどの自動車用ゴム部品を生産する森町工場(静岡県周智郡森町)に液化天然ガス(LNG)設備を導入し、ボイラー燃料を重油からLNGに転換したと発表した。

 今回導入した主な設備はLNGタンク(100kl)1基とLNG焚き蒸気ボイラー(2.5t/h)5基で、稼働は今年2月から。今後18年2月までに生産工程の加熱炉で使用している液化石油ガス(LPG)もLNGに転換し、CO2の年間排出量を同工場総排出量の約8%に相当する約2,000トンの低減を計画している。

 LNGは他の化石燃料に比べ燃焼時のCO2排出量が少なく、大気汚染の原因となる硫黄酸化物(SOx)や窒素酸化物(NOx)物の発生も少ない。同社では長期環境目標である「TG2050環境チャレンジ」(16年2月策定)で、2050年までにCO2量を極小化することを目指しており、今回の設備導入もその一環となる。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界