PAGE TOP

2024年3月期第3四半期業績

豊田合成、全セグメントが増収増益

決算 2024-02-02

 豊田合成の2024年3月期第3四半期(2023年4~12月)業績(IFRS)は、売上収益が8,042億2,200万円で前年同期比14.6%増、営業利益が559億円で同136.0%増、純利益が412億8,400万円で同193.2%増だった。

 セグメント別にみると、日本は売上収益が3,357億5,000万円で同16.1%増、営業利益が133億9,300万円(前年同期は8億2,900万円の利益)。顧客の生産台数増加や増販効果、合理化努力などにより増収増益となった。

 米州は売上収益が2,882億3,900万円で同19.9%増、営業利益が226億9,800万円で同146.1%増。顧客の生産台数増加や増販効果、合理化努力などにより増収増益となった。

 アジアは売上収益が2,218億6,400万円で同6.1%増、営業利益が178億9,200万円で同16.7%増。中国やアセアンの顧客の生産台数減少はあるものの、インドの生産台数増加およびそれに伴う増販効果などにより増収増益となった。

 欧州・アフリカは売上収益が259億7,000万円で同21.5%増、営業利益が18億7,400万円(同14億3,100万円の損失)。顧客の生産台数増加などにより増収。また、増販効果や一過性要因などにより黒字転換を果たした。

 また、製品領域別に売上収益をみると、セーフティシステムは2,983億円で同21.8%増、内外装は2,831億円で同7.8%増、機能部品は1,332億円で同16.1%増、ウェザストリップは894億円で同12.6%増となった。

業績予想を上方修正

 同社は2024年3月期通期業績予想を上方修正した。第3四半期までの実績および主要顧客の生産台数増加などを反映し、前回予想を上回る見込み。

 ■2024年3月期通期業績予想
 ◇売上収益=1兆600億円(前回予想1兆200億円、増減率3.9%増)◇営業利益=700億円(同590億円、同18.6%増)◇純利益=510億円(同390億円、同30.8%増)

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた