PAGE TOP

電動車対応タイヤの訴求をグローバルで強化

横浜ゴム、トラック・バス用タイヤに独自マーク「E+」の付与を開始

タイヤ 2024-02-02

 横浜ゴムは、電動車対応タイヤの訴求をグローバルで強化するため、乗用車用タイヤに続き、トラック・バス用タイヤにおいて電動車対応商品であることを表す独自のマーク「E+(イー・プラス)」の付与を開始した。

「507U」のタイヤサイドに施された「E+」マークの刻印


 第1弾として、国内と欧州でそれぞれ販売している路線バス専用タイヤ2商品に付与する。

 「E+」マークはバッテリー搭載による高荷重やモーターによる高トルク出力への対応、エンジン音のない静かな電動車にふさわしい静粛性への対応、車両の電費・エネルギー消費効率向上、航続距離拡大への対応など、電動車に特徴的なニーズに応える技術を搭載した商品に付与するもの。

 対象タイヤのサイドへマークを打刻するほか、カタログやウェブサイトなどに表示してユーザーのタイヤ選びをサポートする。

 同社は2023年から乗用車用タイヤで導入を開始し、同年秋に欧州などで発売したEV専用ウルトラハイパフォーマンスサマータイヤ「ADVAN Sport EV」、2024年2月から発売したプレミアムコンフォートタイヤ「ADVAN dB V553」に「E+」マークを付与している。

 今回「E+」マークを付与したのは国内で販売している「507U」と欧州で販売している「120U」。

 「507U」は国内のEVバスでの使用を想定して、バリアフリー縁石に対応する耐久性や耐摩耗性能を向上させたほか、リトレッド(更生)性を高めたタイヤ。

 「120U」は電動車の普及を強化しているスペインの大手旅客輸送会社の厳しい要求事項をクリアしたタイヤで、欧州のEVバス特有のニーズを満たす性能を実現している。

関連記事

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた