PAGE TOP

三ツ星ベルトやホッティーポリマーなどが出展

日本ものづくりワールド2022が開催

工業用品 2022-03-23

 「第4回次世代3Dプリンタ展」や「第12回ヘルスケア・医療機器開発展」などの展示会の集合体「日本ものづくりワールド2022」が、3月16~18日の期間、東京ビッグサイトで開催された。

 ◇三ツ星ベルト
 三ツ星ベルトは、「第12回ヘルスケア・医療機器開発展」に出展し、「SF成形」をアピールした。同成形は、表面にスキン層、中間のコア部に発泡層を有する発泡射出成形方法で、①大型で複雑な成形が可能②厚肉成形なのに軽量化③超厚肉にも対応可能④様々な視点からのコストダウンを実現⑤自由度の高いデザイン⑥多くの熱可塑樹脂に対応、というメリットを有している。

三ツ星ベルトのSF成形のサンプル


 今回ブースにはSF成形採用事例として、複雑板金からSF成形へ置き換え、曲面部と機能部を一発成形することでコストダウンと軽量化を実現した部品や、SF成形により寸法安定性に優れ高い剛性を有する新生児用治療機器本体などを展示した。

 ◇ホッティーポリマー
 ホッティーポリマーは、「第4回次世代3Dプリンタ展」に出展。同社は世界初のシリコーン3Dプリンター「innovatiQ LiQ320」を用いた造形の実演を行い、その精巧さが注目を集めた。

ホッティーポリマーのinnovatiQ LiQ320


 同機のほか、同社オリジナルのMEX方式の3Dプリンター「エスディーズ1」も出展し、同機を用いた特殊軟質フィラメント「HPフィラメント(スーパーフレキシブルタイプ)」の造形実演、さらにMEX方式3Dプリンターの造形実演も行ったのに加え、取り扱い各社のMEX方式やLCD方式光造形3Dプリンタの造形実演も行った。このほかオリジナルフィラメント「HPフィラメントシリーズ」のサンプル展示のほか、DfAMに効果的な次世代エンジニアリングソフトウェア「nTopology」もアピールした。

 このほか、「岩手産業振興センター」の小間に大野ゴム工業、「栃木県」の小間に三福工業などが注力製品を展示した。

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた