PAGE TOP

「健康宣言」を制定し全社的に活動

バンドー化学、健康経営銘柄に2年連続選定

工業用品 2018-02-26

吉井満隆社長(左)とスタッフの皆さん(バンドー化学のパネル展示の前で)


 バンドー化学は2月20日、従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる企業として、「健康経営銘柄2018」に選定されたと発表した。昨年に続き2年連続で選定された。

 同銘柄は経済産業省と東京証券取引所が、同取引所の上場企業の中から、従業員の健康管理を経営的な視点で戦略的に実施している企業を「健康経営」に優れた企業として選定、投資家に魅力ある企業として紹介するもの。

 同社は従業員の健康増進に関して、経営理念・方針、組織体制、制度・施策実行、評価・改善の4側面の取り組みでそれぞれ高い評価を得た。1業種1企業が選定され、今回は26社が選定された。

 今回の選定について、吉井満隆社長は「昨年に続き選定いただき大変嬉しく思っている。当社は昨年9月に『バンドーグループ健康宣言』を制定し、経営陣と従業員、健康保険組合が一体となって、『健康いきいき職場づくりチーム』を結成して活発に健康増進に努めている。その姿勢と取り組みを評価いただいたと思っている。今後も、従業員一人ひとりが、いきいきと働くことができる環境整備に努めていく」とコメントした。

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界