PAGE TOP

組合員44人が受講

東部ゴム商組、年金セミナーを開催

商社 2020-02-12

 東部工業用ゴム製品卸商業組合共済会は2月4日、GINZASIX(東京都中央区)の第一生命保険・首都圏コンサルティング営業室会議室で「年金セミナー」を開催した。講師は第一生命保険広域法人営業部の松山洋氏。当日は組合員44人が受講した。

年金セミナー会場


 セミナーでは、はじめに塩谷信雄副理事長(バン工業用品社長)が「日ごろ共済会ではグループ保険をメインに、若手社員のビジネスマナー研修や鈴本での寄席などの行事を実施しているが、このほかに何か皆さんのお役に立てる企画はないかと幹事会で話し合った結果、今回年金セミナーを実施することにした。1時間半という限られた時間だが、大いに学び有意義な時間にしていただきたい」とあいさつした。

 セミナーでは、講師の松山氏がパワーポイントによる資料をもとに、公的年金の仕組みや老後の生活設計、年金の受け取り見込み額の計算方法、年金受給額のシミュレーション、繰上げ・繰下げ受給等に関して、丁寧に、わかりやすく解説した。

関連記事

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた