PAGE TOP

Bクラスはモリテック/日加商工が優勝

東部ゴム商組第40回野球大会、ヤマカミ(ベルト)チームが5連覇

商社 2018-08-30

 東部工業用ゴム製品卸商業組合(山上茂久理事長)主催の第40回野球大会は、準決勝、決勝、入れ替え戦などが8月19日、千葉県柏市の東京実業保険組合グラウンドで行われた。

Aクラスで優勝したヤマカミチーム


 Aクラスの決勝戦は、ヤマカミ(ベルト)チームとシバタチームの対戦となった。結果はヤマカミ(ベルト)が4対0で見事優勝し、5連覇を達成した。5連覇は初の快挙。ヤマカミチームの優勝は、商業会時代を含め通算12回目。

 決勝戦は13時から、シバタ先攻で開始。1回表1、2塁とチャンスを作るも4番が三振で無得点。その裏、ヤマカミの攻撃。先頭がヒットで出塁、2番がデッドボールで1、2塁。その後、四球もあって2死満塁となり、チャンスに6番の大塚匠選手が左中間を抜ける走者一掃の2塁打を打ち3点を挙げた。また5回裏にヤマカミが1点追加した。

 最終回シバタの攻撃は、2死後、土壇場で6番打者がライトオーバーを打ったが、本塁でタッチアウトとなりゲームセット。ヤマカミ(ベルト)の5連覇が決定した。

 Aクラスの3位はヤマカミ(ホース)、4位はヤマカミ(パッキン)。

Bクラス優勝のモリテック/日加商工チーム


 Bクラスへの入れ替え戦はニシヤマ対クリヤマ、横浜ゴム対カナフレックスコーポレーションの2試合で、ニシヤマが不戦勝、横浜ゴムは5点差をひっくり返す最終回の大逆転サヨナラ勝ちで、来年のAクラスが確定した。

 Bクラスの決勝戦は、モリテック/日加商工と大野ゴム工業の対戦。モリテック/日加商工が7対0(6回コールド)で優勝した。ともに来年はAクラスへ昇格する。Bクラスの3位は司ゴム電材A、4位は共ショウとなった。

 閉会式であいさつした小杉茂夫副理事長は「本日はベスト4進出のチーム同士の試合だったので、見ごたえのある試合が続き、野球の醍醐味を味わえた。Aクラスで優勝したヤマカミベルトチームの皆さん5連覇おめでとう。大変暑い中、参加していただいた選手の皆さん、懸命に応援していただいた皆さん、運営にあたった組合の皆さんご苦労様でした」とねぎらい締めくくった。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界