PAGE TOP

【特集】低燃費タイヤ開発を支える基幹技術

住友ゴム工業、「ADVANCED 4D NANO DESIGN」

タイヤ 2018-05-15

 ADVANCED 4D NANO DESIGNにより、タイヤ開発のスピードは格段に上がっている。「過去は、それこそ試作品を作ってから評価という過程を踏んでいたが、シミュレーションで評価ができるようになったことで、開発スピードの向上に繋がっている」(同)。

 ただ、最後に重要なのは人だという。「ADVANCED 4D NANO DESIGNにより、タイヤ開発の最短のアプローチが分かるようになったが、解析やシミュレーションが答えを教えてくれるわけではない。それらはヒントをくれるくらいのものなので、そこで得たものに対し気付くことができるかは人。見た人がどう感じるかだ」(同)。

 今後は、17年10月に発表した「SMART TYRE CONCEPT」を支える技術として進化を果たしていく。SMART TYRE CONCEPTは、未来のモビリティ社会で求められる性能を実現する技術開発コンセプトであり、同社が向かう方向を示している。「SMART TYRE CONCEPTにはアクティブトレッドや性能持続技術、ライフサイクルアセスメント、長持ち技術、軽量化技術など材料に関わる部分が多い。ADVANCED 4D NANO DESIGNの解析とシミュレーション技術を今後も粛々と向上させ、SMART TYRE CONCEPTをしっかりと支えていきたいと考えている」(同)。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界