PAGE TOP

2022年3月期業績

バルカー、シール製品事業は大幅増収増益

決算 2022-05-16

 バルカーの2022年3月期業績は、売上高が531億6,700万円で前期比18.9%増、営業利益が69億7,200万円で同100.6%増、経常利益が71億9,300万円で同95.8%増、純利益が48億4,100万円で同56.7%増だった。

 シール製品事業は売上高が349億9,500万円で同11.6%増、営業利益が55億600万円で同32.3%増。半導体製造装置・デバイスなど先端産業市場向けの拡大と、自動車など機器市場向けの回復により増収増益だった。

 機能樹脂製品事業は売上高が150億8,800万円で同40.5%増、営業利益が13億7,200万円(前期は5億8,800万円の損失)。半導体製造装置・デバイスなど先端産業市場向けや、高機能化学品プラントなどプラント市場向けの需要が大きく回復したことにより増収。利益も事業構造改革の効果等により増益となった。

 シリコンウエハーリサイクル事業他は、売上高が30億8,200万円で同17.4%増、営業利益が9,300万円(同9,600万円の損失)だった。

 2023年3月期通期業績予想は売上高が560億円で前期比5.3%増、営業利益が65億円で同6.8%減、経常利益が67億円で同6.9%減、純利益が48億円で同0.8%減を予想している。

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた