PAGE TOP

カーボンニュートラル目指しエネルギー転換

日本ゼオン、国内4事業所で100%再生可能エネルギー電力導入

原材料 2022-04-13

 日本ゼオンは4月1日から、国内生産拠点のうち4事業所(高岡工場・氷見二上工場・敦賀工場・徳山工場)で、購入電力の全てを100%再生可能エネルギー電力に転換した。それに加え、高岡工場では CO2排出量が実質ゼロのカーボンニュートラルLNGの購入を、徳山工場では蒸気のCO2排出量削減のためグリーン熱証書の購入を契約。これら取り組みにより、4事業所におけるCO2年間排出量は2019年比で約8万トンの削減が見込まれている。

 同社は2021年度からスタートした中期経営計画で、全社戦略として「カーボンニュートラルとサーキュラーエコノミーを実現する『ものづくり』への転換を推進する」を掲げている。その施策の1つがエネルギー転換。各生産拠点のエネルギーの生成元であるボイラ等の燃料を、再生可能エネルギーや証書付の燃料に転換する検討を進めてきた。

 今回、北陸地域の3事業所(高岡工場・氷見二上工場・敦賀工場)では、使用電力の全てを北陸電力が提供するプラン(かがやきGREEN RE100)にすることで、水力発電を活用した再生可能証書付きエネルギーへ転換。高岡工場が契約したカーボンニュートラルLNG(液化天然ガス)は、北陸電力グループにおいて一般企業としては初めての契約事例となった。

 一方、徳山工場は、使用電力の全てを中国電力が提供するプラン(再エネ特約)にすることで再生可能エネルギーへの転換を図り、蒸気については日本自然エネルギーからグリーン熱証書を購入することで、CO2 排出量を削減している。

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた