PAGE TOP

統合新会社の商号は「RESONAC」に変更

昭和電工、持株会社体制に移行へ

原材料 2022-03-10

 昭和電工は3月9日、2023年1月をめどに持株会社体制に移行すると発表した。2022年9月下旬に開催予定の臨時株主総会における承認等が条件。

 昭和電工を分割会社として、同社が議決権を100%保有するHCホールディングス(HCHD)の完全子会社である昭和電工マテリアルズ(SDMC)に、昭和電工の全事業を承継させる会社分割、HCHDとSDMCとの合併、SDMCを分割会社として資産・負債の一部を昭和電工に承継させる会社分割を想定している。

 また、持株会社移行にあわせ、持株会社(現昭和電工)の商号をレゾナック・ホールディングス、統合新会社(事業会社、昭和電工マテリアルズ)の商号をレゾナックに変更する。「RESONAC(レゾナック)」はRESONATE(共鳴する・響き渡る)とCHEMISTRYの「C」を組み合わせた社名。

関連記事

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた