PAGE TOP

温室効果ガスの排出量削減図る

信越化学工業、シリコーン事業に200億円投資

原材料 2021-07-02

群馬事業所


 信越化学工業は、シリコーン事業で総額200億円を投資し、温室効果ガスの排出量削減を図る。製造工程に投資するほか、環境貢献製品の生産能力増強に向けた設備投資を実施。それぞれに100億円を投資する。

 製造工程では、シリコーン事業の主力工場である群馬事業所のガスタービン発電設備を増強。電力自給率をさらに高めることで、排出量を現状と比較して14%削減する。

 また群馬事業所では、変性シリコーンオイルや成形用シリコーンゴム、放熱シリコーン材料など環境貢献製品の生産能力増強も実施する。

 同社は、カーボンニュートラルを経営の重要課題として取り組んでいる。シリコーン事業では、加工工程で二次加硫(加熱)を必要としないため、加工時間を従来品から約9割削減でき、顧客の省エネルギーと生産性向上に繋がるミラブル型シリコーンゴムの上市やゴム成形品の軽量化を実現する低密度タイプのシリコーンゴム等により、温室効果ガスの排出量削減に貢献している。

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた