PAGE TOP

硬化特性・安全性に優れた新規硬化タイプ

信越化学工業、一液型液状シリコーンゴムの新製品開発

原材料 2022-03-30

 信越化学工業は、新規硬化タイプの一液型液状シリコーンゴム「KCPシリーズ」を開発した。

 「KCPシリーズ」は、硬化反応時に環状ケトンの一つで揮発性を持つ無色液体であるシクロペンタノンを放出するタイプ。現行品の硬化特性や安全性、取り扱い性などを改善した製品となっており、①硬化速度が速く、また接着効果が速く現れるので作業効率が向上する②硬化時に発生する臭いが少なく、安全性に優れている③引火点が70℃以上と高いため、輸送や貯蔵時の取り扱いの手間を減らすことができる④各種樹脂との接着性が良好で、金属の腐食性もほとんどない――といった特徴を有す。粘度別にKCP-100(低粘度)、KCP-101(中粘度)、KCP-102(ペースト状)の3製品を取り揃え、いずれもチューブの容器から押し出すだけで簡単に作業をすることが可能だ。

 一液型液状シリコーンゴムは、空気中の水分と反応して室温で硬化する。硬化後は耐熱性、耐寒性、電気特性、耐候性など優れた特性を兼ね備えていることから、電気自動車(EV)部品や半導体、電気・電子部品などの接着・シール材、コーティング材として使用されている。また、室温で硬化することから加熱炉や紫外線(UV)照射設備が不要で、環境負荷の低減に貢献する。

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた