PAGE TOP

2022年秋に竣工、年1,600トンへ

日本ゼオン、リーフアルコールを能増

原材料 2021-03-25


 日本ゼオンは、合成香料の主力製品であるリーフアルコールの生産能力を増強する。増強により、生産能力は現行の年1,200トンから同1,600トンとなる見込み。2021年夏に起工し、2022年秋の竣工を予定している。香料市場で汎用的に使用される香料として、今後も安定的な成長が見込まれることから、能力増強を決定した。同社はリーフアルコールで世界№1のシェアを有している。

 リーフアルコール(cis-3-Hexenol)は青葉アルコールとも呼ばれ、新緑の若葉のような香りを持つ合成香料。フレッシュ感を演出するグリーン系香料として、香水やシャンプー、石鹸などのフレグランス、また清涼飲料や菓子などのフレーバーに幅広く活用されている。

関連記事

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた