PAGE TOP

【特集】合成ゴム

旭化成、SSBR販売維持と高付加価値化図る

会員限定 原材料 2020-07-28

 旭化成の2020年3月期における溶液重合スチレンブタジエンゴム(SSBR)、ブタジエンゴム(BR)は、SSBRは米中貿易摩擦などによる自動車生産台数の減少を受け、タイヤ向けの販売数量が計画に対して落ち込んだ。地域的にはアジア向けの販売が最も影響を受けた。一方、BRの販売は好調に推移した。

 同期における新型コロナウイルスの影響は、「一部影響を受けた市場があったものの、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界