PAGE TOP

2020年第1四半期業績

昭和電工、化学品は増収減益

原材料 2020-05-19

 昭和電工が5月15日に発表した2020年12月期第1四半期(1-3月)業績は、売上高が1,717億3,400万円で前年同期比26.8%減、営業利益が24億6,900万円で同94.6%減、経常利益が32億2,100万円で同92.7%減、純利益が26億9,900万円で同91.8%減だった。

 化学品は売上高が363億1,500万円で同0.8%増、営業利益が22億8,600万円で同5.2%減。クロロプレンゴムは輸出数量が減少し減収となった。

 2020年12月期第2四半期(1-6月)および通期業績予想は、従来の予想を修正し未定とした。新型コロナウイルス感染拡大による影響とその収束時期の見通し、原油価格の動向など不透明要因が多く、合理的な算出が困難なため。

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界