PAGE TOP

当面は19年1Qのアランセオ待ちか

CRの不足が深刻、採算是正などに向け価格改定の動き

会員限定 原材料 2018-04-16

 世界的規模でクロロプレンゴム(CR)の不足が継続している。輸出をカットし国内需要に向けて優先的に供給してきた国内CRメーカーの対応も、すでに限界を迎えている。一方で需要が減退する見通しはなく、CRメーカー、ユーザーともに難しい舵取りを迫まれらている。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界