PAGE TOP

後継者不足など組合員の課題に真摯に対応したい

【新年トップインタビュー】中部ゴム商組理事長 加藤已千彦氏

会員限定 インタビュー 2022-01-11


 「この2年間はコロナで組合活動が停滞してしまった。今年はリモートなども利用して、活動を活発化させたい」と語る中部工業用ゴム製品卸商業組合の加藤已千彦理事長。後継者不足など「組合員の抱える課題解決にも真摯に取り組んでいきたい」という。

2021年の中部地域需要業界の動向

 自動車産業は2020年に比べ回復してきているが、半導体不足や東南アジア諸国の新型コロナウイルス感染拡大防止のロックダウンにより部品調達が滞ったことで、夏場以降、生産がダウンした。足元は、半導体、部品調達とも

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

関連記事

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた