PAGE TOP

2019年7月から生産開始

豊田合成がベトナムにエアバッグ部品の新工場

工業用品 2017-08-30

ベトナム新工場の完成予想図


 豊田合成は8月30日、ベトナムにエアバッグ部品の新工場を設立すると発表した。投資額は2,460万米ドル(約26億円)で、2018年3月から工場建設を開始し、2019年7月から生産開始する予定。

 新工場は、豊田合成の生産子会社「豊田合成ハイフォン」の分工場として、ベトナム・タイビン省ティエンハイ工業団地に設立する。土地面積は約11万3,000平米、建屋面積は約2万800平米。エアバッグ部品やハンドルといったセーフティシステム製品を生産し、日本や北米、欧州などのエアバッグ最終組付拠点へ輸出する。

 豊田合成は、エアバッグを中心とするセーフティシステム製品を重点事業と位置付け、グローバルで生産体制の強化などに注力している。ベトナムでのセーフティシステム事業の生産能力は、2016年度のエアバッグ部品年産1,450万個、ハンドル同220万本から2023年度にはエアバッグ部品同2,300万個、ハンドル同320万本に増やす計画だ。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界