PAGE TOP

吉井社長「常に高い目標に向けてチャレンジを」

バンドー化学、入社式を実施

工業用品 2017-04-12

入社式の様子


あいさつする吉井社長


 バンドー化学は4月3日、本社事業所(兵庫県神戸市)で2017年度の入社式を実施した。入社式には、キャリア採用者などを含む新入社員39人が出席した。

 式典でははじめに、社旗、国旗の掲揚セレモニーが行われ、同社の社旗及び今年度入社した外国籍の社員(中国、韓国、マレーシア、ベトナム)の4カ国の国旗が掲揚された。

 その後、ホール内で行われた式典であいさつした吉井満隆社長は、新入社員に対し心掛けて欲しいこととして「当社は、保守的にならないよう新しい発想のもとに柔軟に、常に高い目標に向けてチャレンジすることを賞賛する。自ら学習することを奨励し、社内外の先輩方から様々なことを学び、挑戦者でいることを忘れずに活躍して欲しい。

 今後仕事を行っていく上で、『周囲から信頼を得ること』は重要になってくる。当社は経営理念の一部に、“より高い品質を日々創造、提供しお客様をはじめとする社会の信頼に応え”と明言している。キーワードとして取り上げたい言葉は『信頼』だ。社会、お客様、上司、先輩との信頼関係は組織としてのパフォーマンスを最大化させるものだ。周囲からの信頼を得て大きな存在へ成長することを期待している。

 最後は『対話で組織を活性化すること』だ。当社はものづくりの会社で、“もの”への関心を高く持つことはもちろんのこと、社員が“人”に関心を持つことでより強いチームとなっていくと思う。対話を大切にして、さらに組織が活性化するような新たな風を吹き込んで欲しい」と語った。

 続いてあいさつしたバンドー化学の大林聡労働組合中央執行委員長は「皆さんに少し考えて欲しいことがある。なぜ働くのか。普通に考えると日本国民の義務であり、生活のためだと思う。

 しかし、その先に本当の目的がある。最後に目標となるのはハピネスだ。それは自分だけが得をすれば良いのではなく、家族、友人、先輩、後輩、所属する組織、地域全体が幸せになる理念や行動、コミュニケーションがあって、初めて自分自身の幸せに繋がると思う。日々働く中で、少しでもハピネスを意識してもらえたら嬉しい」と語った。

 その後、新入社員代表のあいさつや社員記章の進呈、社歌斉唱が行われた。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界