PAGE TOP

11月16日から3日間、ポートメッセなごやで

豊田合成、「メッセナゴヤ2022」に出展

工業用品 2022-10-28

 豊田合成は11月16日から3日間、ポートメッセなごや(名古屋市)で開催される「メッセナゴヤ2022」に出展する。

 今回の展示会では、ゴム・樹脂の専門メーカーとしての知見を活かし、製品のライフサイクル(原材料調達、生産~リサイクル・廃棄)を通じて脱炭素・循環型社会の実現に寄与する取り組みを紹介。また、電動化への対応技術では、BEV(電気自動車)向けの「フロントパネル」やFCEV(燃料電池自動車)向けの「高圧水素タンク」を展示する。

 さらに、エアバッグなどの生産時の端材を活用したエコブランド「Re-S(リーズ)」の商品や、同社製のUV-C(深紫外線)LEDを用いた除菌関連商品の展示・販売も行う。

 ■主な展示内容
 ◇脱炭素・循環型社会に向けた取り組み/製品のライフサイクルを通じたCO2・廃棄物低減(原材料調達、生産~リサイクル・廃棄)=「バイオ素材」や「リサイクル樹脂材」を用いた自動車部品(開発品)や独自技術を用いた「ゴムのリサイクル技術」などを展示。

 ◇電動化への対応/「BEV対応フロントパネル」=新たな車の顔となる樹脂製パネルのコンセプト。BEVらしい先進的な「意匠性」と、先進運転支援システムを支えるミリ波レーダやLiDAR(近赤外線)の「透過機能」を両立させている。

 ◇「Re-S」・「UV-C LED」商品(展示・販売)=リサイクルの難しいエアバッグ生地やハンドルの本革の端材をバッグやペンケースなどに生まれ変わらせたエコブランド「Re-S」や、UV-C LEDで空気や水、物の表面を除菌する各種商品を紹介。その場で購入いただくことも可能。

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた