PAGE TOP

2022年3月期第2四半期業績

朝日ラバー 、大幅増収で黒字転換

工業用品 2021-11-12

 朝日ラバーの2022年3月期第2四半期(2021年4~9月)業績は、売上高が36億3,200万円で前年同期比27.5%増、営業利益が1億7,600万円(前年同期は1億7,900万円の損失)、経常利益が1億7,800万円(同1億2,800万円の損失)、純利益が1億3,500万円(同700万円の利益)だった。

 工業用ゴム事業は売上高が30億4,000万円で同36.3%増、営業利益が2億8,300万円(同1億1,100万円の損失)。新型コロナウイルス感染拡大の影響を大きく受けていた自動車向け製品や卓球ラケット用ラバーなどの売上高が順調に回復。一方、RFIDタグ用ゴム製品はその影響で受注が減少した。

 医療・衛生用ゴム事業は売上高が5億9,100万円で同4.5%減、営業利益が5,500万円で同37.4%減。プレフィルドシリンジガスケット製品や採血用・薬液混注用ゴム栓が新型コロナによる在庫調整で減収した。

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた