PAGE TOP

2026年4月稼働予定

朝日ラバー、第二福島工場を増築

工業用品 2023-12-19

 朝日ラバーは12月19日開催の取締役会において、福島県西白河郡にある同社第二福島工場の増築を行うことを決議した。投資予定金額は4億円で、増築部分では診断・治療向けの医療用ゴム製品を生産する。2025年3月に着工、2026年4月に稼働を予定している。

  同社は、2023年4月から第14次三ヵ年中期経営計画をスタートし、光学事業、医療・ライフサイエンス事業、機能事業、通信事業の4事業の成長による企業価値の向上を努めている。そのうち、医療・ライフサイエンス事業では、光学事業に続く収益の第二の柱として成長すべく活動を続けている。 同事業の製品を開発・生産する工場は、福島県西白河郡泉崎村の第二福島工場(2002年建設)と、福島県白河市に白河第二工場(2017年建設)があるが、今後の開発製品の受注見通しを踏まえて、第二福島工場の生産能力を増強させるために、同工場を増築する。

関連記事

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた