PAGE TOP

使用電力の約50%に

豊田合成、九州グループ会社の再エネ電力利用を拡大

工業用品 2021-04-02

 豊田合成のグループ会社である豊田合成九州(福岡県宮若市、宮本康司社長)は、CO2削減の一環として、福岡工場の電力をすべて再生可能エネルギー由来に切り替えた。

 同社は昨年、佐賀工場全体と福岡工場の一部で九州電力の再生可能エネルギー電源(水力、地熱)を活用した「再エネECOプラン」を導入していたが、(関連記事=『豊田合成、九州グループ会社が工場の電力を再エネ化』)今回の利用拡大により、同社全体の使用電力の約50%を再エネで賄うとともに、同社の2021年度のCO2排出量を2019年度比で約6,400トン削減した。

 同社グループ長期環境目標(TG2050 環境チャレンジ)において、2050年までにCO2排出量を極小化することを目指しており、各工場での日常的な省エネ活動に加え、消費電力の少ない生産設備やクリーンエネルギーを活用した発電設備を導入するなど、CO2の削減に取り組んでいる。今後も環境に配慮した事業活動を通じ、持続可能な社会の実現に貢献していく。

 ■再エネ化電力の概要
 ◇契約会社=九州電力◇契約プラン名=再エネECOプラン◇購入電力量=1,858万kWh(年間)◇発電方法=水力発電、地熱発電◇導入拠点=豊田合成九州福岡工場(本社)、佐賀工場◇CO2削減量=約6,400トン(年間、2019年度比)

 ■豊田合成九州の概要
 ◇設立=2018年11月◇本社所在地=福岡県宮若市倉久2223-1◇資本金=35億円◇生産拠点=福岡工場(本社)、北九州工場、佐賀工場◇従業員数=632人(2021年3月末時点)

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた