PAGE TOP

厚さやゴム硬度の調整も可能

三菱ケミカル 、シリコーンゴムフィルムから高耐熱グレート

工業用品 2020-12-03

 三菱ケミカルは、シリコーンゴムフィルム「珪樹」から、従来グレードよりも耐熱性を高めた新グレードを開発した。

 珪樹は、同社独自の加工技術で生まれたフィルム状のシリコーンゴムで、薄膜かつ膜厚精度が高い点が特徴。また、ポリエステルフィルムをはじめ異種材料との積層や表面加工が可能で、産業機器向け部材や工程部材として高い評価を得ている。

 今回開発した高耐熱グレードは、近年の各種電子機器の小型集積化や熱マネジメントの要求に伴い、高温プロセスを検討されているユーザーニーズに対応した新グレード。

 耐熱性を高めたシリコーンゴムと耐熱基材の2層構造で、総厚50~500マイクロメートルの極薄ながら300度環境下で繰り返し使用することができる。

 シリコーンゴムの特徴である緩衝性、離型性は活かしつつ、耐熱基材を有することにより、ハンドリング性の向上や応力下の横ずれ防止効果が期待でき、ユーザーの要望に応じて厚さやゴム硬度の調整も対応可能となっている。

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた