PAGE TOP

2021年3月期第1四半期業績

朝日ラバー、工業用ゴム事業は減収減益

工業用品 2020-08-07

 朝日ラバーが8月6日に発表した2021年3月期第1四半期業績は、売上高が14億3,000万円で前年同四半期比20.4%減、営業損失が2,700万円(同7,200万円の利益)、経常損失が900万円(同7,200万円の利益)、純損失が2,000万円(同5,100万円の利益)となった。

 セグメント別にみると、工業用ゴム事業は売上高が11億500万円で同26.8%減、営業利益が400万円で同95.8%減。自動車向け製品全般、卓球ラケット用ラバー、RFIDタグ用ゴム製品などが、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を大きく受けて減少した。

 医療・衛生用ゴム事業は売上高が3億2,500万円で同12.9%増、営業利益が4,600万円で同12.7%増。新型コロナウイルス感染症拡大の影響をほとんど受けることなく、プレフィルドシリンジガスケット製品、採血用・薬液混注用ゴム製品ともに受注は堅調に推移した。さらに受注力を向上させるため、医療生産エリア拡充に向けた活動を引き続き進めている。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界